活動レポート

加圧をしてトレーニングを行ったときは、加圧しないでトレーニングを行った時よりも

疲労物質である乳酸が筋肉に溜まりやすくなります。

加圧をして血流制限していると乳酸は出口を失い、筋肉の中に蓄積されていきます。

乳酸が筋肉の中に溜まると、脳は神経から刺激を受けて加圧していない時よりも

大量の成長ホルモンを血中に分泌させます。

その時の成長ホルモンは通常トレーニングの約10倍、安静時の約290倍にもなります。

全身に大量の成長ホルモンが分泌される事で、筋肉を作ると同時に脂肪は分解されやすくなります。

また、成長ホルモンには、代謝を高め、美肌効果、免疫力を向上させるなどの

働きがあると言われています。

太りにくい体質に変化

加圧トレにより増大する成長ホルモンが太りにくい体を作ります。また筋肉が増えることで脂肪燃焼しやすい体になります。

軽い負担で効率よく

軽い負荷で高い効果が得られるのでトレーニングを続け易いのが特徴。筋肉痛も少なく誰でも実践できます。

肩こり・冷え性の改善

加圧・除圧の繰返しにより血管の弾力性が甦ります。血行がよくなり新陳代謝が活発に。冷え性や肩こりなど不調が改善します。

美肌効果 若返り

290倍の成長ホルモン分泌!
加圧トレにより分泌される通常時の最大290倍もの成長ホルモンが、肌のハリやツヤを取り戻してくれます。

回復力の向上

成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。日常の疲労感、ねんざや骨折などの早期回復が期待できます。

BACKNUMBER

妻からの勧めで始めました!
50代 男性から


3年半続けて!
主婦 女性


モデルさん!
30代 女性


楽しいゴルフ!
40代 女性


目覚めもスッキリ
30代 女性


高効率トレーニング
45歳 男性


体の変化が見える!
36歳 男性